Rosehip

ローズヒップ

2015 Revival of design

ROSEHIP(バラの実)は、ウィリアム・モリスもしくはウィリアム・ド・モーガンの作品であるタイルのデザインを受け継いだものです。モーガンは自らタイル製造企業の経営を始めるまで、モリスと共にステンドグラスのデザインにも従事していました。
ファブリックでは、手作業でモチーフを削り出したリノリウム版を新たに作り、それをハンドプリントしたものを用いることで、オリジナルのハンドプリントの印象を演出しています。パターンをあらたに解釈することにより、より模様同士がかみ合ったデザインを生み出しています。

Interior Fabrics


Wallcoverings

一覧へ戻る