Fruit

フルーツ

1864 by William Morris

モリスの初期の三大壁紙デザインのひとつ。斜め方向に流れがあり、隣接する葉が絡み合う複雑なデザインは、12の木版からなるオリジナルのハンドプリント壁紙のスタイルを反映しています。
果実や花や葉は様式化されていますが、複雑さと流れるリズムがあります。モリスは極端な写実主義や規則性のどちらにも反対し、いきいきした自然の魅力を描こうとしました。
ファブリックではプリント生地のほか、リッチな表情のシルクベースにザクロやレモンの果物が華麗に刺繍された「Fruit Embroidery」もそろいます。
『PURE NORTH WALLPAPERS』では、この“Fruit”を再解釈し、デザイン要素をシンプルにしました。オリジナルドキュメントの特徴を引き立たせるため、使用するインクの質をトーンが抑えられたものに替えています。

Interior Fabrics


Wallcoverings

一覧へ戻る