People related to William Morris

モリスに関わった人々

ジェイン・バーデン(モリス)

Jane Morris (1839-1914)


モリス最愛の妻

馬丁の娘だったところをロセッティに気に入られ、絵のモデルとなる。
当時の画家たちのミューズであった。妹のベッシ―と共に刺繍の名手。

エドワード・(コーリー)・バーン=ジョーンズ

Edward Coley Burne-Jones (1833-1893)


生涯の友にして共同制作者
画家・デザイナー・イラストレーター

オックスフォード大学でモリスと出会い、ロセッティのもとで絵画を学ぶ。
モリス商会の創設メンバーであり、ステンドグラス、モザイク、タペストリーなどのデザインを制作。
ウイリアム・モリス終生の友人。

ジョン・ヘンリー・ダール

John Henry Dearle (1860-1932)


モリスの一番弟子

1878年にモリス商会に入り、モリスからタペストリーを学ぶ。
1890年にはチーフデザイナーになり、染織やカーペット、刺繍のデザインを手がけた。
モリス没後、工房のアートディレクターとなる。

ジョン・ラスキン

John Ruskin (1819-1900)


芸術思想の師
美術評論家・社会思想家

ロンドンの裕福な商家に生まれ、オックスフォード大学に学ぶ。
1871年には、理想的な社会をつくる共同体 『ギルド』 の構想を発表。若き日のモリスに決定的な影響を与えた。

フィリップ・(スピークマン)・ウェッブ

Philip Speakman Webb (1831-1915)


生涯の友 事業のよき協力者
建築家・デザイナー

ストリートの建築事務所でモリスと出会う。
モリスの自邸 レッドハウス(1859)を設計、後にモリスの墓も設計した。
モリス商会のチーフ・デザイナーをつとめ、家具、金工品、刺繍、ガラス器など手がけた。
モリス商会の創設メンバーの一人。

ダンテ・ガブリエル・ロセッティ

Dante Gabriel Rossetti (1828-1882)


モリスが魅了された芸術家
画家・詩人

1848年に結成されたラファエル前派の中心メンバーの一人。寓話的な女性の肖像画で知られる。
1856年、モリスとバーン=ジョーンズはロセッティのもとで絵画を学ぶ。
モリスの最愛の妻ジェインの愛人でもある。

メイ・モリス

May Morris (1862-1938)


モリスの次女

サウスケンジントンデザイン学校に学ぶ。
モリス商会で刺繍を手がけ、1885年、商会の刺繍部門の責任者になる。

ウィリアム・モリス(父)

William Morris


モリスの父
待望の長男が生まれ、自分と同じウィリアムと名付けた。
証券仲買人として成功し投資で巨額の富を得たが、モリスが13歳のときに死去。

エマ・モリス

Emma Morris


モリスの母。
モリスが60歳のときに90歳で死去。

ジェニー・アリス・モリス

Jenny Alice Morris(1861-1935)


モリスの長女。
27歳のモリスがモリス・マーシャル・フォクナー商会を設立した年に誕生。

ジョージ・エドモンド・ストリート

Gorge Edmund Street(1824-1881)


ビクトリア時代のゴシック・リバイバル様式の代表建築家。
ロンドンの王立裁判所(74〜82)が有名。